カナダ・バンクーバーのお土産のおススメ・飲み物編 現地在住日本人の一押しはコレ!

カナダには「歩けばカフェに当たる!」というくらいカフェやコーヒーショップが豊富です。メジャーなフランチャイズ店から個性的な隠れ家的カフェまで、あなたの好みに合ったお店を探すことができます。そんなカフェでゲットできるおススメお土産をまとめてみました。

1)The CANADAといえばここ!!

フランチャイズで「カナダ」にこだわるのなら、「BLENTZ」か「Tim Hortons」でしょう。この二つは全国展開しています。特にTim Hortonsはどんな田舎に行こうと存在する、とも言われています。どちらのお店のコーヒー豆、お茶、グッズなどは、一度カナダに長期滞在したことのある人には「おぉ!!」と言われること間違いなしです。

個人的にはTim Hortonsのクリスマス限定のクリスマスツリーオーナメントを集めています。お隣アメリカ・シアトル発祥の「Starbacks」のVancouverのロゴが入ったマグも集めている方にはアリだと思いますが、よりカナダらしさを求めるならこの2店舗のグッズはおススメです。

2)Vancouverならでは!のコーヒーと言えば・・・

さすがにコーヒー豆はカナダ産ではありませんが、地元バンクーバーでこだわりのコーヒー豆を独自に焙煎するローカルロースターがたくさんあります。最近は、そのロースターさんがカフェをオープンする傾向にあります。

49th Paralell、JJ Beans、Milano、Matchstick Coffee Roasters、Tree Organicなど、あげていったら相当な数になるのですが、その中でおススメ2店舗をここではご紹介します。

「Bean Around the World」は、バンクーバー市内の各エリアにちなんだブレンドを提供しています。例えば、私が今現在暮らしているエリアに一番近い支店が「マーポール」と「サウスグランビル」の2店舗ですが、この2店舗にはこのエリアの名前が付いたブレンドコーヒーを購入できます。

「Republica」

我が家でも愛飲しているコーヒーがこのRepublica。オーガニックにこだわった豆もさることながら、ここのオーナーさんが日本人。以前はファーマーズマーケットなどイベントのみでの購入が多かったのですが、ついにバンクーバーのダウンタウンにカフェをオープンされました!

このカフェ以外にも、バンクーバーに暮らす日本人なら一度は訪れる「コンビニ屋」や、バンクーバーでおいしいメロンパンを食べられる「Baker & the table」にも種類は限定されますが、Republicaのコーヒー豆が置いてあります。ついでにおいしいものも買っていってください。

3)ちょっとコーヒーは苦手で・・・という人にはこれ!

中にはコーヒーが飲めない、という方にお土産を持って帰りたい、ということもあるかと思います。そんな人には是非、「Tea Lani」のハーブティーがおススメです。バンクーバー在住の日本人、Mayumiさんがこだわりぬいたオーガニックのお茶です。

カフェインフリーのものも多いので、お子さんや妊婦さん、授乳中のお母さんにも安心です。Tea Laniさんのお茶も置いてあるお店やカフェがどんどん増えてきてます。前述した「Baker & the table」にも置いてありますが、ノースバンクーバーにある「Workshop」で、是非この西海岸らしいベジタリアンのお料理を楽しみつつ、お買い求めいただければ、と思います。

ちなみにこのTea Laniさんは、お茶の購入はできませんが「Shizen-ya」とその系列の「Kurumucho」にはこのお店に合わせたオリジナルのお茶を提供しています。そしてマクロビシェフとして活躍されている「Akoさん」にもコラボしたお茶を提供しています。Akoさんのお茶「Harmoney」はAkoさんから購入可能です。

まとめ

日本から一番近いカナダの大都市、バンクーバーならではのお土産は、やはりオーガニック、ロハスといった西海岸ならではの雰囲気を是非持って帰っていただきたいと思います。その中でもコーヒーとお茶は飲み物の代表。あなた好みの味を是非日本へ持ち帰ってくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です